あらゆる業界のある建築求人の現状

建築の求人の現状

現在、日本では東日本大震災の復興事業や時期が迫りつつある東京オリンピックなどの影響から建築バブル状態にあります。そのため、建築の求人はここ数年、非常に新しい人材の確保するために活発になっています。しかしながら、建築関係の仕事はキツイ、危険などの理由で若い世代が建築の求人に応募せずに深刻ともいえる人材不足の状況に追い散っています。将来的には現在よりもさらに建築の求人に応募をする人材が減少するのではないかと予測されています。しかし、人間にとって建築物というものは生活をする基盤でもあり、なくてはならない存在です。また、建築物は半永久的にその存在があり続けるのではなく、定期的に解体、建て替えが行われるものです。
そのため、建築の求人は将来的にも途切れることはなく、建築関係の仕事に就くということは安定した生活を手に入れられることと同義として考えてもいいでしょう。また、大勢の人たちが安心して快適に過ごせる建物を建築して形に残せるということは、非常にやりがいの仕事であるということがでるのではないでしょうか。物作りが好きだという人や形になるものを後世に残したいと思っている人は、建築の求人に応募してみてはいかがでしょうか。

建築求人はあらゆる業界が視野に入る

建築と一口に言っても、そのジャンルは非常に多岐に渡ります。衣食住で言えば住にまつわるものすべてを対象として担うわけですから、建築が関わらないものはないといってもいいほどです。それだけに、建築の求人はあらゆる産業から出てきます。もっとも多いのが建設業というだけで、飲食業や衣料、スーパー、コンビニ、銀行、さてはIT産業からすら求人は出てきます。ですから、一般的には物を作ることが好きな人に向く業種といえますが、それだけでなくプロデューサー的な能力を持った人が、建築と他の業種との橋渡し的な仕事をしていたりすることも珍しくありませんので、当然そうした求人も出てきます。
このように見てきますと、物を作ることが必ずしも得意な人でなくても、建築の求人には応募できるということです。むしろ、自分の興味が建築とは別のところにあれば、そのジャンルと建築を結びつけるような仕事を考えても面白いと思います。例えば、ハローワークに常時求人を出す某社は、理美容のコンサルを本業としていて、職種としてはITエンジニアを求めています。しかし、いったんコンサルが軌道に乗ると、お店の改築建て替えの相談を受けたりすることから、建築の内製化も視野に入れているそうです。建築と関係ない業界を探すのが困難なくらいです。

category

news

2017年08月23日
視野に入れておきたい建築の求人を更新。
2017年08月23日
あらゆる業界のある建築求人の現状を更新。
2017年08月23日
建築求人に応募する方の特徴を更新。
2017年08月23日
便利なネット検索で目指す高収入建築求人を更新。

calendar

2019年11月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930