独立も夢じゃない建築求人

建築業界はチャレンジのチャンス

人手不足型倒産という、聞きなれない倒産形態が、建築関係の会社では現実のものになりつつあります。とりわけ首都圏では、2020年の東京オリンピックに間に合わせるべく、街のいたるところで建設の槌音が響いています。本来一品生産の建築現場では、工場でのプレファブリケーション化にも限界があります。作業の多くは現場の職人の手で行われています。その職人の手が慢性的に不足し出しているのです。受注はしても、人手が足りないために実際の工事が出来ないのでは、請負業は成り立ちません。人手不足型倒産の典型です。
こうした状況から現在の建設業界は、超が付くほどの売り手市場になっています。選ばなければすぐにも働く先が見つかります。また、物を作ることは好きだけど、建築の仕事はしたことがないから不安だというのであれば、職人養成のための学校を有する企業を選べば、給料を貰いながら、仕事を覚えていくことが出来ます。
慢性的な建築技能工不足は決して、東京オリンピックを前にした、一過性のものではありません。建築業界に限らず日本の社会全体で進む高齢化の波は、この業界では最も深刻であるだけに、技術を一度覚えれば、定年まで建築現場で飯が食えるようになり、独立も夢ではなくなります。今の建築業界は間違いなく、チャレンジのチャンスです。

建築の求人の探し方とは

ものを作り上げていく建築に興味のある人も多いはずです。では建築の求人を探すにはどのようにしたらいいのでしょうか。新卒で建築業界の求人情報を探しているという人は、大学の就職課や企業説明会に行くことをおすすめします。積極的に情報収集をすることで、就職への糸口が見つかるはずです。中途採用で探している人はまずはハローワークに登録して下さい。ハローワークには比較的建築の求人が多くみられます。こまめに足を運んでチェックしましょう。
家のパソコンからもハローワークのインターネットサービスを利用することができるのでとても便利です。建築の求人は中途採用の人を希望していることも多いので、新着の求人などは見逃さずに積極的に応募してみましょう。また、地元の情報誌をチェックしてみるのもいいかもしれません。地元に根付いた求人を載せていることもあるので、近場で建築の求人を見つけられることもあるはずです。
他にも転職サイトに登録しておくのもおすすめです。たくさん転職サイトはありますが、やはり建築に特化した専門のサイトに登録しておくのがいいでしょう。資格別やエリアごとに全国の求人情報を検索できるので、効率よく探すことができます。このように色々な方法があるので、自分に合った建築の求人を見つけましょう。

東京・大阪・名古屋・札幌・仙台・福岡などの主要都市中心に日本全国及び海外の建築・土木・設備・設計関連の求人を豊富に取り扱っています。 建設事業に特化して5年、退職者はほぼでていません。 勤務地や施工規模、携わる案件の種類など、いただいた希望に対応する多くの紹介が可能です。 建築関係の求人情報専門サイト「建築求人.jp」

category

news

2017年08月23日
視野に入れておきたい建築の求人を更新。
2017年08月23日
あらゆる業界のある建築求人の現状を更新。
2017年08月23日
建築求人に応募する方の特徴を更新。
2017年08月23日
便利なネット検索で目指す高収入建築求人を更新。

calendar

2018年7月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031